忍者ブログ

OUAC 活動記録

大阪大学体育会自動車部のブログです。活動記録とか部活紹介とか雑記とか… コメントはお気軽にどうぞ♪ 部員のひとはご自由に更新どうぞ♪(てか、書いてくださいな)

老害によるランエボ6 箱替え記

こんにちは、学部4年の三浦です!

昨日七大戦から帰ってきました、めちゃめちゃ楽しかったです。七大自動車部のみなさんお疲れ様でした。


僕のランサー箱替え記をすっかり書き忘れていたので前回から二ヶ月の間の進捗をざっくりまとめます。


東大さんから箱を引き取ってきてまず車内の清掃をしつつどのレベルまで部品を移植するか考えました。
新箱についていないエンジンや駆動系、足回りの部品はもちろんとして、現状ついているハーネスや燃料タンクも入れ替えることに。
理由としては
・ハーネスにちょこちょこ加工の跡があり、それが原因でエンジンかからなかったりしたら嫌
・エボ5→6で燃料タンクがバージョンアップしてる
・新箱についてる部品が何かと汚い
あたりです。

というわけでハーネス引き直すために新箱をどんがらにし、車内をきれいにします。




砂を落として塗装すれば割と見栄えはいい感じになりますね。
エンジンルームも同様に外せる限りの部品を外し、錆を落とした後に塗装してあげます



塗装するとかなりキレイになって気持ちいいですが、今度は外装が目につきます。



外装のきれいさはあまり気にしない僕ですがさすがにこの見た目は気になるので、暇そうな後輩をこき使って掃除してもらいました。



このへんから写真を撮るのを忘れてしまっていたのですが、ここからの手順は
横転車のエンジンをおろす

横転車のハーネスを全部取る

新箱にハーネスつける

エンジンのせる
って感じです。
ランサーはインプと違ってエンジンミッションがくっついてると上から抜くことができないので、とにかく高くジャッキアップして下から抜きました。リフト無しでもなんとかなりますね。


僕は頭が悪く、物忘れがひどいのでハーネス外すときはどの穴を通ってたとか、何のカプラーだとかをできるだけマークしておきました。水に濡れても大丈夫なタイプの単語帳をタイラップで留める感じです。

エンジン載せるときも下からです。純正のエンジンひっかけ穴で吊るとエンジンが回転しようとする上に強化マウントが付いているため一人でマウントを着けるのが困難で、後輩の力を借りました。
人手があれば楽勝です。

あとは縦メンバーやら吸気パイプを付け、カプラーを間違えないようにはめたら前半分の作業はいったん終わりです。



ここまで来ると「かなり進んだ!」って気がしますがまだ
・前後足回り全部
・燃料タンク
・リアデフ、リアメンバー
・プロペラシャフト、マフラー
をつけないと走れないのでなかなか気が遠いです。。

とりあえず上記の中からは燃料タンクさえ移植すればエンジンかけれます。
メチャ不安でしたが一発始動!


今回はエンジンかかり、内装を掃除して取り付けしたところで終わりにします、次回は車検取得まで!




PR

my_sweet_sweet_new_body

こんにちは、工学部4年の三浦です!

僕も部のツイッターでいろいろ活動報告しようかと思いましたが、僕がツイッターをやると炎上してしまうので稚拙な文章力ながらブログを書いてみることにします。


↑懐かしい思い出

去年の12月頃、当部のOBの森岡さんからCP9A(ランエボ6)のダートラ車を譲っていただきました。


嫌になるくらいインプレッサをいじり倒し、そろそろランサー乗ってみたいな~と思っていたところだったのでもうウキウキです。インプとは段違いのトラクション・低速トルクに感激!

2か月ちょっとという短い期間で足回り等の細かいセッティングを行い、3月頭に初めてダートラの公式戦(近畿ジュニア)に出場。
慣れないコスモスパークながらもなんと優勝することができました。
優勝時の車載動画


七大戦のダートラでは車両トラブルで悔しい思いをしていたので、ダートで勝つことができたのは非常に嬉しかったです。


そしてそのままの勢いで挑んだ第2戦でしたが・・・・

























やってしまいました


コース中盤、4速全開からのチョンブレで入った左コーナーでしたが完全にオーバースピードで外側の土手へヒット、勢いそのままに3回転しました(よく言われますがトリプルアクセルは3.5回転なので違います)

回転している最中は割と冷静で、天井が地面にぶつかるのを感じたり、「これは廃車だなぁ~」「どうやって帰ろうかなぁ」とか瞬時に考えていたのを覚えています。

午前の1本目だったのでタイムは残らず、そのままリタイア。
パドックでめちゃくちゃヘコんでいたところ
「ダートラではつきものだから」
「これでめげずにまた復活してな」
等の温かい言葉をかけてもらえ、会場に来られていた杉尾ガレージの杉尾さんに大学まで車を運んでもらえました。ダートラ屋さん最高です。


その後、私がとるべき選択を考えてみました。
1.頑張って修理する
2.箱替えする
3.違うダートラ車を買ってくる
4.車が転倒するような危ないモータースポーツはやめて真っ当な人間を目指す

右前のストラットタワーがかなり変形しているので1はナシ、お金ないので3もナシ、真人間には今更なれないので4もナシということで2番の箱替えに取り組むことに。

そしてそのころたまたまヤフオクですごく見覚えのある車が...


旧帝大の方ならわかる人が多いかもしれませんね、2015~2017年の七大戦ダートラチャンプマシンです。いろいろあって?東大さんで部品取りになっていたようです。
すぐさま東大自動車部の方に連絡を取り、東京までの引き取り費用とかは特に考えずにその箱を譲ってもらうことになりました。
だいたいのめぼしい部品は外されていますが、僕は箱とガラスとドアと書類さえあればいいので大丈夫です。


そして先日、老の者が書いた記事につながります。
http://ouachp.blog.shinobi.jp/Entry/200/

車が木の下の日陰に置かれていたことと、ドアやトランクが開いたままだったことから外装はめっちゃきたなく、車内はコケだらけでアリやダンゴムシやミミズが在住されていました。生態系を破壊するのは申し訳ないですがどんどん掃除します。
ダートラ車にしては珍しくカーペット付きで、カビのためにとんでもない臭いを放っていましたがカーペットを投げ捨てたところかなりマシになりました。


みんカラとか見てると思いますけど、整備中にたくさんの写真を撮っておける人ってすごいですよね。僕は作業中手袋をつけて、スマホは携帯しないのでどうしても写真を撮るのが億劫になってしまいます。

エンジンルームもブレーキフルードやら溶接マシ?やらでサビがひどいので一旦取れる限りの部品を外してサビ取り、塗装することにします。



こんな感じで、ここからランサー箱替え記を研究の合間にブログで書いていこうと思います。
とはいえ作業自体はついているものをひたすら移し替えるだけなのでそんなに見ごたえはないかもしれませんが。。。


自動車部には車のエンジンやミッション、足回り等の載せ替えがDIYで行える程度の設備が揃っており、車いじりしたい!という人には最高の部活です。
もちろん整備以外に運転技術の向上にも取り組んでいるので、車乗りたい・いじりたいという人はぜひ見学に来てみてください。
入部時は免許・車を持っていないのが普通ですし、他大学からや、2,3年生になってから入部する人も多くいます。
毎週金曜日の夕方から部会を行っていますが、それ以外の日でも部員がガレージにいることが多いです。
特に今年度は新入生が多く入部してくれたので、同期が多くて非常に楽しいと思います。
気になることがあれば当部のツイッター(@ouachp)か、メールouachp[@]yahoo.co.jpまでお気軽にお尋ねください。
それではまた!





new_omochaをはこんだ

おはこんばんちわ(出だしから古い(二番煎じ)),M2の林田です.もうすっかり老害

先週,東京大学自動車部様からランサーの箱を引き取ってきたので,その模様を記します.
なお,ここに書いたことを参考にして作業した際に生じた事故等については,当部は一切責任を負えませんので,あくまで一例として読んでいただければと思います.


ダートラフィギュア部門で勇敢に散ったランサーくんは,フレームが死んだもののエンジンや足回りなどは生きており,部品を全て移植すればまた走れるということで,処分予定のランサーの箱を引き取ることになりました.


引き取りに向かったメンバーは,ランサー所有者で7年生の三浦さんと和歌山大学のドリ珍兼土人(つちんちゅ)の藤原さんと私です.


「私大学1年生から数えてこの学校に7年も通ってるんだよ?」




引き取るにあたって,四輪タイヤがついておらず,動力もない車をトラックに載せるのはしんどい...ということで,今回はセーフティローダーを借りました.
ここで実際必要だったものをリストアップします.
・積載車
・ラッシングベルト3~4本
・台車4個
・廃タイヤ4個
・アメフト部部員(ジャッキで代用可)

積載車はレンタカー屋で借りました.私は従業員割でかなり安かったですが,普通の店だと2.5万くらいするみたいです.業者レンタカーだとだいぶ安いみたいです.
また,運転の際には,一般的な最大積載量3,000㎏のローダーの総重量が約7,400kgなので,準中型免許が必要です.こういう時に便利だと思って,取得しておきました.
我々の親世代だと8トン限定中型免許で運転できます.羨ましいです.

ラッシングベルトは車の固定用です.走行中の安全のため,前後で締め付ける必要があるため,複数本必要です.

台車は積み降ろしの時に車を動かすために必要です.箱だけの場合,そこまで重くないので耐荷重100kgとかでいいみたいです.
廃タイヤは台車と車の間に挟む緩衝材として使います.国産ハイグリ以上のサイドウォールが固い物の方が安定するので良いです.
また,実際に車を動かす際には,台車に載せてそのまま押しても重くてあまり動きません.
なのでアメフト部員を呼んで,少し持ち上げてもらいながら移動させます.今回は部員を呼べなかったので,ガレージジャッキで代用しました.



今回借りた積車です.今まで部車を運ぶために使っていた2トンロングと違い,荷台がフラットに下げられ,ウィンチで車を引っ張れて便利です.



必要な物を準備して,いざ東京へ.
我々は貴族なのでフル高速です.道は吹田ICから名神→新名神→伊勢湾岸→新東名→東名→首都高です.


新名神です.道がお綺麗


新東名では富士山が目の前に.
残念ながら山頂は見えませんでした...


90キロ~100キロ巡行で順調に走り,途中休憩を挟みつつ6時間くらいで東大駒場キャンパスに着きました.





ぐわー!!!偏差値が高すぎて消滅してしまう!!!


ぎりぎり消えずに入れました.




東大自動車部の看板です.超レーシー



ナンバーの無い車が並んでいたり,タイヤが積んである雰囲気はザ・自動車部って感じ.







積む過程の写真は撮れていません...
台車に載せてジャッキと人力で転がしつつウィンチで引っ張って載せました.
文章で書くと1行ですが,実際は落ちないように気を付けて,1時間くらいかかってた気がします.タイヤがついてたら5分で終わってたと思います.


ほぼ終わりかけの時です.ウィンチくん強いです.


無事積んだら,前後をラッシングベルトで固定して,ウィンチで少し引っ張ってテンションをかけたら完了です.


積み荷姿.廃車にしか見えませんが,これからまた活躍することでしょう.




積み終わった頃には夕方になっていたので,積車を置かせてもらって,晩ご飯を食べに東京の街へ繰り出しました.

向かったのはラーメン二郎三田本店.我々はデブラ(デブラーメン)が好きなのです.


土曜の夜なのでかなり混んでおり,常連らしき人が過去一並んでると言っていました.
1時間ほど行列で待つと,食券を買って店内に入れました.

これは小ラーメンニンニク少なめアブラマシマシからめマシです.


あぶらっこい醤油ラーメンという感じで,うまかったです.
上に乗っているブタもデブデブでした.

いつも大阪で食べているラーメン荘とは別物な感じでしたが,これもデブくてまた食べたくなる味でした.




晩ご飯を食べた後は東大へ戻り,大阪に向けて出発しました.
途中で足柄SAに寄り,銭湯に入りました.が,ここで問題が発生...
銭湯の横のレストルームで仮眠をとったのですが,二郎を食べたことにより狭い部屋で3人がにんにくブレスを放ち続け,ガーリックルームにしてしまいました.
そのことに気づいたのは,私たちが出る時に入れ違いで入ってきたお客さんが,「くっさ」と言った時でした.
本当に申し訳ないことをしたと思いました.




足柄SAを出発し,大阪へ.

夜で雨が降っていて,行きより見えづらいです.
が,名古屋あたりで雨はやみ,夜も明けてきました.




名神でグーグルストリートビューの車に出会いました.



右後ろのオーバーフェンダーがレーシー.




そんな感じで,朝には阪大に帰ってきました.



下ろす時には,荷台を斜めにした状態で,ウィンチを命綱にして少しずつ下ろしていく感じです.

 
下りました.
これにて箱引き取り完了です.

最後になりましたが,箱を提供していただき,積載のご協力をいただきました東大車部の皆様,ありがとうございました!


今後は自然に帰りかけていた箱を清掃しつつ,転倒車から全ての臓器と骨を移植することになります.
その様子はまた.




今回の教訓


にんにくは災害



新歓も一段落

おはこんばんちわ(出だしから古い)、3回の主将の三島です。

今年の新歓も先週で一段落となりました。
今年はなんと7人!!!も新入生が入ってきてくれておじさんびっくりです。
こんなに入るの10年以上ぶりでは?
これからみんなよろしくね!

さて今年は阪名戦の主催の年なので、準備をぼちぼち進めています。といっても景品準備とオフィシャルの配置以外はほぼ終わっていますが。
新入生がたくさんいるのでオフィシャルの配置も考えやすそうですw

来年は七大戦の主催も控える中で新歓大成功となり本当に嬉しいです、この調子で試合での結果も残していきたい所存です。
練習するためにも早く部車EPの車検を通さなければ……。

それでは短いですがブログはこんなものにして、実験レポートの執筆に戻ります。ではでは

卒業旅行3日目

こんにちは!4回生のYDMです!

卒業旅行シリーズ、最終章ということで、3日目の内容を記していきます。


ホテルを出てまず向かったのは、ヤマハコミュニケーションプラザ。


ここにはかつて生産されたバイクがズラリと並んでいます!
エンジン音が聴けたり映像が見られたり、バイク好きにはたまらないところでした!
バイクのほかにも、自動車やエンジンなどの展示もあります。


大型クルーザーに乗るMNT & 教習の運転技術をさっそく活かすYDM
背中反りすぎてないか...??

1時間半ほどの見学を終え、次に浜松市へ向かいました。


げんこつ餃子 & 焼き餃子
焼き餃子は普通のを頼むと16コになるそうですw

そしてこの日の、ヤマハに並ぶお目当ては...


スズキ歴史館!
ここも過去に生産された自動車やバイクがズラリと並んでいます!


?「日本のバイクメーカーはホンダ, ヤマハ, カワサキ,... Harley Davidson?」
??「スから始まるメーカー...スクーター?よく走ってるよね」
???「え?冗談でしょ??スズキがバイク作ってるなんて...」
いやいやお姉さん、スズキは四輪よりも二輪の方が歴史が長いんですよ?
それに見かける二輪車をよく見ると、スズキのバイクは結構ありますよ。
...それにしても風変わりなバイクいっぱいやなぁ


カタナ1100に乗るMNT & GSX-R1000Rに乗るYDM


2階には開発会議現場の再現VTRや加工,組み立て工程の再現モデルなどもあり、工学部の人には見ごたえがあるのではないかと思います(そんな意識の高い人いるのだろうか...)
またこのフロアにはバーチャル工場見学(3Dシアター)があるのですが、時間が合わなかったため今回は見送ることになりました。世の中世知辛いのじゃー!!


あまりに面白くて頭がやられた鈴菌患者YDM

退館前に"スズキの聖杯"と呼ばれる湯呑を購入。愛用するでww
最後に眺めがいいといわれるスパに行きました。


この鳥居やオーシャンビューが温泉から見える...はずなのですが、あいにくの曇りで微妙でした...
しかも露天風呂は1人サイズで、自分でお湯の温度, 量を調節できるのですが、すぐに冷めて寒かったです...
春夏秋向きですね()

温泉を出た後は、行きと大体同じルートで帰りました。


帰りの高速
スズキ歴史館を見てきた我々「スイスポや」「最速ファミリーカーや」「乗り換えたい」


みんな大好きまりお流...ではなく大阪の濃いラーメン
...まりお流より食べやすいw

その後MNTを家まで送り、私も家に帰りました。

                            終
                           ⓎⒹⓂ



Copyright © OUAC 活動記録 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カウンター

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[06/27 GC8乗り]
[10/10 すすむむ]
[10/08 履歴書]
[02/21 すすむむ]
[02/17 街の遊撃臭]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
OUAC
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析